知り合いのさくらんぼ農園さんに「季節を過ぎたサクランボをもぐ作業を手伝って」と言われ、出かけてきました。

LINEで送る

知り合いのさくらんぼ農園さんに

「季節を過ぎたサクランボをもぐ作業を手伝って」と言われ、出かけてきました。

タダでサクランボをたくさん食べれる…と甘い考えで出かけたんですが、

4mを越すような背の高いサクランボの木に鈴なりになる実を、

全てとるのはとてもとても大変でした。

なおかつココの所の暑さもあり、美味しい作業は、過酷な重労働にw…。

農園は体育館よりも広いような敷地面積で、

その一角のサクランボをもぐことをまかされました。

この後、この場所に1mを越すヘビがあらわれ大変な目に合うのをまだ知らない2人。

さくらんぼはどの木も実が鈴なりになっていて、

もいでも、もいでも、減る気がしない程…。

サクランボ狩りに行くと、実があればある程テンションがあがるのに、

もぐのが仕事だとこんなにツライ…。ビニールハウスの暑さに完全にバテているオレ。

熟れすぎたサクランボは、もいだ後、土の中に埋めて作業終了。

まだ食べれそうなサクランボだけ持ち帰りました。

朝9時から11時半までの過酷な労働…もう、やらないw。

ちなみにサクランボの木は、サクランボ狩りしやすいように、

こうして枝を横にはわしている木と、

こうしてまっすぐなままの木と、2種類あるそうです。

一応の収穫。そのままでは熟れすぎているので全部ジャムに…。

LINEで送る