カテゴリー別アーカイブ: 八ヶ岳・白州・増富・清里・武川・韮崎の面白観光スポット

クリスタルラインでみずがき(瑞牆)山自然公園〜塩川ダムまで、紅葉狩りの下見に弁当持ちで行ってきました。今年の紅葉はゆっくり進むようですヨ。

クリスタルラインでみずがき(瑞牆)山自然公園〜塩川ダムへ、

紅葉狩りの下見に弁当持ちで行ってきました。

今年は例年とは比べ、紅葉の進行具合がゆっくりと進んでいるようです。

このペースだと11月中旬くらいまでは見る事ができそうですね。

Continue reading

北杜市白州町台ヶ原宿(酒造七賢さんのある旧甲州街道の宿内)で開催されていた『第8回台ヶ原宿市〜骨董市・クラフト市・地元農産物市』レポート。第9回も楽しみです!

2010年10月22日 ~ 2010年10月24日までの3日間北杜市白州町台ヶ原宿で開催されていた

『第8回台ヶ原宿市〜骨董市・クラフト市・地元農産物市』に出かけてきました。

台ヶ原宿市は酒造七賢さんのある旧甲州街道の宿内で開かれるイベントで、

出店数も年々増えているよう。

今年は出店数も100店舗を越える程だそうで、大変なにぎわいでした。

たまたま出かけたのが最終日だったようで、運良く、

台ガ原の伝統芸能「虎頭の舞」も見る事が出来ました。タイガーマスク!

『第8回台ヶ原宿市〜骨董市・クラフト市・地元農産物市』の様子は以下に。

Continue reading

韮崎市円野(まるの)町で開催されるカカシコンテスト「平成かかしカーニバル」に出かけてきました。

明野ナビのホームページ右側にあるサイドバーで紹介している

韮崎市円野(まるの)町で開催されている平成かかしカーニバル

今年も行ってきました。

今年の平成かかしカーニバルは前年と比べると場所も移動し

かかしの数も減って、規模が縮小されているものの、

力作がいくつも展示されていたので紹介します。

Continue reading

マツクイムシの被害にあい枯れてしまった国天然記念物の萬休院の舞鶴松。その後を次ぐ松を見に、北杜市武川町にある萬休院に行ってきました。

マツクイムシの被害にあい枯れてしまった国天然記念物の萬休院の舞鶴松。

その後を次ぐ3代目の松を見に北杜市武川町にある萬休院に行ってきました。

手前の看板に写る松が先代の舞鶴松。樹齢450年だったそう。

奥に見える3代目の松は樹齢100年だそうで、

木の成長には想像もつかない長い年月がかかることをつきつけられます。

+ 北杜市ふるさとメール: 「舞鶴の松」の幹と根元を展示

太陽光電池パネルの数が随分増えた、北杜市長坂町の大規模太陽光発電施設「北杜サイト」をのぞいてきました。

太陽光電池パネルの数が随分増えた、北杜市長坂町の大規模太陽光発電施設「北杜サイト」をのぞいてきました。

年始頃の新聞だったと記憶してますが、

北杜市長坂町の大規模太陽光発電施設「北杜サイト」が、一般への電力供給を

試験的に始める趣旨の報道がのっていたような…。(うろ覚えw)

その北杜サイトを久しぶりにのぞきに行った所、

随分と太陽光モジュールの数が増えていました。実用化近づいてる!?

北杜サイトについて詳しくは、以下リンクよりどうぞ。

+ 北杜市の太陽光発電

国道141号線沿いにある道の駅「南きよさと」では、5月5日の「鯉のぼり祭り」を前に、たくさんの鯉のぼりが泳いでいました。

国道141号線沿いにある道の駅「南きよさと」では、5月5日の「鯉のぼり祭り」を前に、たくさんの鯉のぼりが泳いでいました。

清里へ続く国道141号線沿いにある道の駅「南きよさと」では、毎年この時期、

たくさんの鯉のぼりが泳ぐ風景を見る事ができます。

国道141号線沿いにある道の駅「南きよさと」では、5月5日の「鯉のぼり祭り」を前に、たくさんの鯉のぼりが泳いでいました。

それも年々数が増えている気がする…。

国道141号線沿いにある道の駅「南きよさと」では、5月5日の「鯉のぼり祭り」を前に、たくさんの鯉のぼりが泳いでいました。

何匹くらい泳いでいるんだろう…とサイトで調べると…数百匹と書いてありましたw。

普通、こんな書き方しないはずなので、きっと毎年、数百の単位で増えているのかも。

ちなみに5月5日は、鯉のぼり祭りが開催されるそう。

おそらくGW中は清里へ続く141号線は大渋滞になるので、

道の駅にでも寄って、ゆっくりしていってください。

北杜市白州町横手にひっそり佇むエドヒガンの一本桜「関(せき)のサクラ」も見てきました。

北杜市白州町横手にひっそり佇むエドヒガンの一本桜「関(せき)のサクラ」も見てきました。

樹高15mという巨樹「関(せき)のサクラ」を見てきました。

北杜市白州町横手にひっそり佇むエドヒガンの一本桜「関(せき)のサクラ」も見てきました。

あいにくの天気でしたが、細い小道を入っていった先にひっそりと佇んでいるので

たくさんのお花見客に疲れた気持ちがなごむと思います。

Continue reading